みやのとはずがたり

みやがつれづれなるままに語ります(主に歴史、古典文学、神社仏閣ごと)。

京都茶寮へ

東京の記事は後日書くとして。

以前、京都茶寮に行ったと記事を書きました。
http://moromiya06.hatenablog.com/entry/2017/05/13/150441

月も変わり、お菓子も変わりましたので、
またまた行ってきました!


f:id:moromiya06:20170610154632j:plain

贅沢に2つだよ!
(お昼ご飯食べてなかった)


f:id:moromiya06:20170610154713j:plain




f:id:moromiya06:20170610154730j:plain

雨上がり(亀屋良長)
きんとんの上に散らした錦玉羹は
陽光に輝く雨露。芋練りあん
しっとりした舌触り、粒あんの
歯ごたえとコクのある甘みで、梅雨の
晴れ間の情景を表現しました。



f:id:moromiya06:20170610155008j:plain

忘れじの人(笹屋伊織)
そよぐ風に夏の気配が漂い始める
頃に純白の花をつける水芭蕉
こなしで謹製しました。薄紅色に
染めた白こしあんの優しい甘みには
郷愁が込められています。


2つとも、
初夏の情緒あふれる、素敵な和菓子です!


f:id:moromiya06:20170610155259j:plain


ごちそうさまでした!



お菓子の解説は、
カードよりいただきました!