読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやのとはずがたり

みやがつれづれなるままに語ります(主に歴史、古典文学、神社仏閣ごと)。

2016/6 王家の谷へ①

一年ほど前になるんですね!!
びっくり。
時が流れるのは早いです。

友人に、
聖徳太子墓に行きたい!!」
と、騒ぎまくり、
優しい友人は、太子町にある、
王家の谷へ連れて行ってくれました。

飛鳥時代天皇が多く眠る王家の谷。

まず、敏達天皇陵へ。


入口。

f:id:moromiya06:20170506141935j:plain



猪に注意

f:id:moromiya06:20170506142033j:plain



参道。静かでいいです。

f:id:moromiya06:20170506142107j:plain



拝所

f:id:moromiya06:20170506142201j:plain

f:id:moromiya06:20170506142216j:plain

f:id:moromiya06:20170506142232j:plain



敏達天皇天皇は、お母さんの石姫と、
一緒に眠っているんですね。

推古天皇の旦那さんですよね。


連れて行ってくれた友人が、
天皇陵というより古墳が好きな友人なので、
私と違った見方をしていて面白かったです。



②へ続きます。