みやのとはずがたり

みやがつれづれなるままに語ります(主に歴史、古典文学、神社仏閣ごと)。

『集印帖 天皇御陵』

歴代天皇陵と、神代三陵には、
『陵印』があります。

昔は、その御陵に行った証として押していたと思われる印です。
(神社仏閣の御朱印みたいな)

昔は、と書くのは、
今は、5つの管区事務所でまとめて管理されているからです。

私が陵印の存在を知ったのは、
高校一年生のとき。
この『歴代天皇陵めぐり』という本です。

歴代天皇陵めぐり―ガイドブックと陵印帖

歴代天皇陵めぐり―ガイドブックと陵印帖

この本、私のバイブルでした!
天皇陵(神代三陵含む)の写真、陵印、陵印を押すところ、行き方、を網羅していたんです!

高校一年生の春、友人と、月輪管区事務所に行き、
陵印を初めていただきました。
私、メモ帳に押してたんですよね。
事務所の人に驚かれた記憶があります。

で、引っ越し、メモ帳はどこかにいきました…。
それもあり、
集めるのに躊躇してたんです。

でも、お知り合いのかたが、
神社仏閣じゃない御朱印帳に押していると聞き、
私もそうしよう、と思って。

とりあえず、東急ハンズで御朱印帳を買いました。

で、月輪、桃山、橿原の管区事務所で
陵印を押させていただきました。

f:id:moromiya06:20160430194844j:plain
こんな感じ。


そんなとき、
御陵印を押すためだけの、集印帖があると知ったのです。

販売元は、杉本工芸さま
http://www.sugikake.jp/index.html

幸いに、私は、
店舗で、じかに見て購入させていただきました。

表紙はこちら。
f:id:moromiya06:20160430214552j:plain


中は、天皇名、陵名、所在地が記されています。
f:id:moromiya06:20160430214607j:plain

f:id:moromiya06:20160430214621j:plain


これからはこちらに集めよう、
とテンションがあがるみやでした。