みやのとはずがたり

みやがつれづれなるままに語ります(主に歴史、古典文学、神社仏閣ごと)。

日記など

内田康夫『孤道』から思うこと

孤道作者: 内田康夫出版社/メーカー: 毎日新聞出版発売日: 2017/05/12メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 内田康夫先生が、 執筆途中に、脳梗塞で倒れ、 休載になってしまった『孤道』。先生は、休筆宣言され、 完結編が募集されることとなりました…

桜を見に行きました。

今年は寒く、桜がなかなか咲きませんでしたね。今日は京都御苑に桜を見に行ってきました。ソメイヨシノではなく、八重桜のせいか、 まだまだ綺麗に咲いてましたよ。みやは桜が大好き。年々、 桜や春の思い出が ひとりひとりの胸に沈澱していき、 そのフィル…

お知らせ

こんばんは。来月の6月1日から、 更新を再開する予定です。よろしくお願いいたします!

大谷本廟から清水寺への道

清水寺へ行く道は、 お店がたくさんある、三年坂とかが有名ですが。私は、 大谷本廟から抜ける、墓地を通る道が好きです。 倉本由布先生の 『上弦の月』の影響です。上弦の月―キョウト・イカイ・ソウシ (コバルト文庫)作者: 倉本由布,榊ゆうか出版社/メーカ…

はじめまして。

はじめまして。 みやと申します。このブログでは、 私のつれづれ……特に歴史ごとを 語りたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。